Uber Eats(配達パートナー)

【Uber Eats 配達パートナー向】都内23区おすすめ配達エリア

本記事は、Uber Eatsの配達パートナーとして稼ぐために東京都内の稼げるおすすめエリアを紹介します。

まず、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして、配達の仕事をしたい人は、まずはパートナー登録をする必要があります。

パートナー登録が完了していない人は、先に登録を済ませて下さい。

【お得情報】

都内でUber Eats(ウーバーイーツ)を行いたい人は、競合のmenu(メニュー)もおすすめです。

menuは、Uber Eats(ウーバーイーツ)などの他の配達デリバリーとの兼業を認めています。

そして、現在menuデリバリーでは25,000円獲得可能な「お友達招待キャンペーン」を期間限定で行っています。

いまなら、30回の配達で25,000円の招待ボーナスが貰ます。そしてその招待コードはこちら↓

UCP857 (英数字の大文字で「ユー・シー・ピー・8・5・7)

menu配達パートナーの紹介コード「UCP857」をコピーする

※注意:登録完了から50日以内に、30回の配達を完了することが条件となります。

登録の流れはかんたん 2 STEP

① デリバリー配達パートナーの基本情報の登録
② デリバリーアプリのインストールとアカウント登録

menuは、新宿・渋谷・六本木など、東京23区内主要エリアを中心に、順次デリバリー機能が充実していくようです。

この機会に、紹介コードを使って、お得にmenu配達クルーへ登録しましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の東京都内で稼げるエリア | Uber Eats都内23区おすすめ配達エリア地域・配達パートナー登録

2016年9月に渋谷区と港区のみで始まったUber Eatsですが、2017年末からは東京23区ほぼ全域で利用できるようになりました。

今回は、Uber Eatsの配達パートナーとして稼ぐために東京都内の稼げるおすすめエリアを紹介します。

基本的に、Uber Eatsの配達パートナーとして稼ぐためには、「配達リクエスト(配達依頼)」が多く流れてくるエリアで、待機しなければいけません。

「配達リクエスト」が多く届くようにするには、当たり前ですが、お店が集中しているエリアで待機することが、重要になってきます。

【都内23区 お店が多いエリア】
①「六本木」「麻布十番」「恵比寿」「広尾」など
②「赤坂」「青山」「原宿」「渋谷」「新宿」「新橋」「田町」など

Uber Eats(ウーバーイーツ) 東京都内23区稼げるエリア

個人的第1位
初心者におすすめ「渋谷区エリア」

結論から先に言うと、Uber Eatsの配達パートナーの初心者が、東京都内のエリアで稼働して稼ぎたいなら、間違いなく渋谷がおすすめです。

東京23区屈指の「ブースト(ボーナス報酬)」が付くエリアが、渋谷周辺なので、報酬単価も高くなる傾向にあります。

おそらく、東京都内で、最もUber Eatsの配達パートナーが集まるエリアが、渋谷を中心としたエリアだと思います。

渋谷は、渋谷自体でも注文数が多い上に、複数ある注文が多いエリアの中心に位置しているため、例えば六本木方面や青山方面、恵比寿方面など、様々な稼げるエリアへも移動できるのが強みです。

特に、平日の夜や土日の昼間の時間帯は、渋谷周辺だけで、多くの注文数が捌けますので、おすすめです。

ただし、唯一デメリットを上げるとすれば、配達先がタワーマンションであることが多い点や、走る道自体が坂道が多くあるので、体力的にはしんどくなることもあります。

その1つの解決策として、自転車で配達するなら、電動アシスト付き自転車が、おすすめです。

ある程度、Uber Eats配達パートナーとして稼げるようになったなら、電動アシスト付き自転車を購入して、パートナーセンターで登録車両を変更してもらい、乗り換えるのも良いでしょう。

また月4000円程度で、ドコモのバイクシェアを借りることができます。これだと、ステーションも把握しておくと、電池切れなく配達をすることができます。

個人的第2位
お店が多く配達リクエストが多い「港区」

渋谷区に次いでブーストと呼ばれるボーナスが付きやすいのが、港区での配達です。

レストランの数も多く、常に「配達リクエスト」が期待できるエリアでもあります。

また、配達先も、同じ港区に配達することが多い傾向が見受けられるので、エリアをウロウロ横断することが少なく、効率の良い稼ぎ方が出来ます。

基本的に、東京都内(23区)で配達の仕事をしていると、暇になったら六本木か渋谷に行ってみるかという感じになることが多いです。

個人的第3位
大都会で配達リクエストが多い「新宿区」

港区・渋谷区に比べると、ブースト倍率が下がりますが、新宿区も安定した配達の高需要があり、飲食店も集中しているので、おすすめです。

ただし、四谷・市ヶ谷・神楽坂辺りは、とにかく坂道が多く配達が大変なので、比較的、配達のしやすい新宿駅周辺や高田馬場周辺などで待機し、結構な頻度で流れてくる「配達リクエスト」を捌いていくのがベストです。

(※ただ配達先で四谷・市ヶ谷・神楽坂あたりに飛ばされることもありますが・・・)

東京都内23区稼げるエリアまとめ

東京都内(23区)の稼げるエリアとしては、特に需要の高いエリアだと「渋谷」「六本木」「恵比寿」「麻布十番」周辺になります。

注文数が常に多いため、この近辺で待機できれば、初心者の人は稼ぎやすいかと思います。

そして実際に、渋谷、六本木、新宿などの注文数が多いエリアでは、原付バイクだと「配達リクエスト」を待っているスペースを確保するのが大変なので、自転車がやはり効率的です。

【東京都内23区の配達のコツ・稼ぐ方法】
✔ 原付バイクよりも「自転車」で登録する
✔ 小型で小回りが効き、タイヤが大きめの自転車
✔ 電動アシスト付きの自転車なら、坂道でも配達が楽に
✔ 渋谷を中心に六本木、恵比寿、麻布十番、新宿、新橋などの高需要エリアで待機して待つ

東京都内23区であれば、上記のスタイルで、動き回るのが、稼ぐための一番良い条件と言えそうです。

おまけ:Uber Eats(ウーバーイーツ) 配達パートナーとして稼ぐコツ

まず『Uber Eats(ウーバーイーツ)』の「配達パートナー」として、効率よく稼ぐためには、

「稼げるエリア」=「注文数が多いエリア」

で、通常の配達の回数を増やしながら、「ブースト」「クエスト」などの「インセンティブ(追加ボーナス報酬)」が追加される特別な配達をして、報酬を上乗せしていくのが、1番効果的な「稼ぎ方」となります