経済

ARゲーム「ドラクエウォーク」がリリース後、1ヶ月で86億円超え

スマホARゲームの「ドラゴンクエストウォーク」が2019年9月にリリースされ、1ヶ月で8,600万ドル(86億円超え)を稼ぎました。

これはPokemonGOに次ぐ日本歴代2位の記録です。

ドラクエウォーク、PokemonGOに次ぐ86億円/月

ドラゴンクエストウォークが日本でリリースを開始し、最初の1ヶ月で8,600万ドルを稼ぎました。

ドラゴンクエストウォークは、スクウェア・エニックスがリリースした位置情報ベースの仮想現実ゲームになります。

ドラゴンクエストウォークは、日本でのAR探索ゲームで史上2番目に高い売り上げを達成しました。

「Sensor Tower Store Intelligence」のデータによると、「App Store」と「Google Play」の両方で170万回以上ダウンロードされ、9月8日以降に推定8,600万ドルの金額が発生しています。

dq-first-month

ドラゴンクエストウォークのローンチ月の総収入は、ポケモンGOで獲得した1億1800万ドルの73%ですが、日本のプレーヤーは、ナイアンティックのジャガーノートよりも精力的であることがすでに証明されました。

ドラゴンクエストウォークのリリース月の収益は、AR分野の他の大手競合他社をはるかに上回ります。

たとえば、日本で3番目に高い売上ベースのタイトルである「Harry Potter(同じくNiantic)」の89倍の金額を獲得しました。

そしてドラゴンクエストウォークの日本での8,600万ドルは、ウィザーズユニテの世界初月の1,200万ドルを上回ります。

日本市場は大きい

「ウォーキング・デッド」、「ジュラシック・ワールド・アライブ」、「ゴーストバスターズ・ワールド」など、他の市場で人気の有名なARタイトルは、比較的売り上げの少ない日本での発売がありました。

これはおそらく、ドラゴンクエストウォークとポケモンGOが日本で人気のあるシリーズに由来しているためです。

ドラゴンクエストウォークは、1986年に設立されたRPGシリーズのスピンオフであり、ポケモンフランチャイズの最新モバイルタイトルであるポケモンマスターズは、発売月に3,300万ドルに達しました。

もちろん、ドラゴンクエストやポケモンなどの長期にわたって日本で作られた地盤は、西洋の地盤よりも国内市場に共鳴しているだけかもしれません。

同様に、他の市場で発売する現在の計画がないため、ドラゴンクエストウォークの成功が日本以外にも広がるかどうかはまだわかりません。

引用:https://sensortower.com/blog/dragon-quest-walk-first-month