Uber Eats(配達パートナー)

【Uber Eats 配達パートナー向】Uber Eats 銀座エリアの特徴 | 常にリクエストが鳴り続けるエリア。稼ぐにおすすめ。

Uber Eats(ウーバーイーツ) 銀座エリアの特徴 | 狙い目は銀座マロニエ

銀座エリアは、Uber Eats配達パートナーの仕事でとても稼ぎやすいエリアになります。

六本木エリアほど稼ぐことは出来ませんが、逆を言えば、六本木エリアほど配達パートナーが多くはないので、仕事をGET出来やすいです。

筆者も、最近は六本木よりも銀座エリアで仕事をしている事が多いです。

ランチタイム、ディナータイム共、銀座マロニエ通りあたりを徘徊しているとコンスタントにリクエストが鳴ります。

この辺りは、Uber Eats配達のサービスを利用している飲食店が多いので、とても狙い目なのです。

よく案件が入る時間帯は、ディナータイムの19時あたり。

特に、銀座〜日本橋方面の金融関係の会社からの注文が多いです。

最近、金融関係の企業はどこもあまり遅くまで残業が出来ないらしく、早く仕事を終えて退社しないといけないという方がたくさんいらっしゃいます。

そういう人たちが、仕事ラストスパートにUber Eatsで注文して時間短縮したいというニーズがある気がします。

よって、そんな人たちの利用を狙ってディナータイムは銀座、日本橋エリアを流していると良い感じに稼げると思います。

また銀座エリアは、平坦な道が多く、しかも街が碁盤の目のような感じなので配達がとてもしやすいです。

配達先の住所もとても分かりやすいので、Uber Eats配達パートナーの初心者にもお勧めです。

車道、歩道とも広く、とても自転車で走りやすいので効率良く配達が出来ます。

Uber Eatsで稼ぐには、配達のしやすいエリアかという事がとても大事です。

人通りが激しいエリアですと、人混みのせいで自転車でスムーズに走れないという事が良くあります。

そんなエリアは、結果として案件がこなせなくて、あまり稼げないものです。

その点、銀座エリアはとてもスムーズに自転車で走れるので、かなり効率の良いエリアです。

ただ、銀座エリアが稼げるのは平日だけです。

筆者の経験だと、土日はあまりニーズがないので配達件数が稼げません。銀座エリアで稼ぐのなら平日のランチタイム、ディナータイムを中心に狙っていきましょう。

銀座エリア Uber Eats(ウーバーイーツ)配達のメリット/おすすめポイント

✔ ランチタイムの注文数が多い
✔ ディナータイムの注文数も多い
✔ 街並みが細かい碁盤の目になっており、移動がしやすい

銀座エリア Uber Eats(ウーバーイーツ)配達のデメリット

✔ 平日は注文数がグッと減る

銀座エリアのUber Eats(ウーバーイーツ)配達 まとめ

✔ ランチタイム/ディナータイムにがっつり稼ぎたい人
✔ 裏路地をスイスイ快適に移動し効率よく稼ぎたい人

には、オススメのエリアかと思います。

【お得情報】

都内でUber Eats(ウーバーイーツ)を行いたい人は、競合のmenu(メニュー)もおすすめです。

menuは、Uber Eats(ウーバーイーツ)などの他の配達デリバリーとの兼業を認めています。

そして、現在menuデリバリーでは25,000円獲得可能な「お友達招待キャンペーン」を期間限定で行っています。

いまなら、30回の配達で25,000円の招待ボーナスが貰ます。そしてその招待コードはこちら↓

UCP857 (英数字の大文字で「ユー・シー・ピー・8・5・7)

menu配達員クルーの紹介コード「UCP857」をコピーする

※注意:登録完了から50日以内に、30回の配達を完了することが条件となります。

登録の流れはかんたん 2 STEP

① デリバリー配達パートナーの基本情報の登録
② デリバリーアプリのインストールとアカウント登録

menuは、新宿・渋谷・六本木など、東京23区内主要エリアを中心に、順次デリバリー機能が充実していくようです。

この機会に、紹介コードを使って、お得にmenu配達クルーへ登録しましょう。