Uber Eats(配達パートナー)

【Uber Eats 配達パートナー向】Uber Eats 神保町エリアの特徴 | ランチタイムに稼げるエリア。コツは裏道。

Uber Eats(ウーバーイーツ) 神保町エリアの特徴 | 狙い目はランチタイム

古本屋の街、カレーの街として有名な神保町。

歴史ある本屋さんが立ち並ぶ街並みは、レトロさを残しており、独特の雰囲気で非常に落ち着く街です。

小学館などの出版社も、密集しているので道ゆく人も出版関係の方が多い感じです。

そんな神保町ですが、ライチタイムの11時〜14時あたりはかなりUber Eats配達で稼ぎやすいエリアかと思います。

街並みは、碁盤の目で勾配もほとんどなく、平坦で人の少ない裏道をスイスイ移動できるのが楽しいですし、非常に楽です。

神保町でもリクエストが鳴りやすいマクドナルドなども、一本入った裏道で地蔵待機できるなどの利点もあります。

Uber Eats配達初心者の方でも、かなり活動しやすいエリアです。

また裏道を駆使すれば、飯田橋、水道橋、九段下エリアへの移動もスムーズなので、ランチタイムのピークを過ぎた後も活動しやすいです。

神保町のUber Eatsで稼ぐコツは、ランチタイムの短期決戦です。裏道を駆使して短距離配達の回数を稼ぐことがいい方法だと思われます。

ランチタイムのピークを過ぎると、注文数がグッと減るので、そうしたら他のエリアに移るのも手だと思います。

筆者はランチタイムを神保町中心に活動した後、比較的夕方くらいの鳴りが良い市ヶ谷に移動することが多いです。

神保町エリアのデメリットをあげるとすれば。

注文が多く鳴りはじめると、数珠繋ぎで続き、短期間で稼げますが、部署単位での大量注文などが、他のエリアよりも多いのが難点です。

特に大手町方面のオフィスビルからの注文が多く、ランチタイムは神保町〜大手町の短距離配達でかなりの回数を稼げる反面、大量配達になることがあります。

また、大手町エリアのオフィスビルは入館に手続きが必要な場合などもあり、慣れない頃は入館手続きで時間をロスする事もあります。

ただ、もしあなたが大学生ならば、Uber Eatsしながら色々な大企業オフィスを見学できるので、面白いエリアかもしれません。

神保町エリア Uber Eats(ウーバーイーツ)配達のメリット/おすすめポイント

✔ ランチタイムの注文数が多い
✔ 街並みが細かい碁盤の目になっており、移動がしやすい
✔ 飲食店が密集しているのでピックアップは短距離のことが多い

神保町エリア Uber Eats(ウーバーイーツ)配達のデメリット

✔ オフィスからの大量注文が多い
✔ ランチタイムを過ぎると注文数がグッと減る
✔ 大手町のエリートサラリーマンのバイブスにクラってしまう時も

神保町エリアのUber Eats(ウーバーイーツ)配達 まとめ

✔ ランチタイムにがっつり稼ぎたい人
✔ 裏路地をスイスイ快適に移動したい人

には、オススメのエリアかと思います。

【お得情報】

都内でUber Eats(ウーバーイーツ)を行いたい人は、競合のmenu(メニュー)もおすすめです。

menuは、Uber Eats(ウーバーイーツ)などの他の配達デリバリーとの兼業を認めています。

そして、現在menuデリバリーでは25,000円獲得可能な「お友達招待キャンペーン」を期間限定で行っています。

いまなら、30回の配達で25,000円の招待ボーナスが貰ます。そしてその招待コードはこちら↓

UCP857 (英数字の大文字で「ユー・シー・ピー・8・5・7)

menu配達員クルーの紹介コード「UCP857」をコピーする

※注意:登録完了から50日以内に、30回の配達を完了することが条件となります。

登録の流れはかんたん 2 STEP

① デリバリー配達パートナーの基本情報の登録
② デリバリーアプリのインストールとアカウント登録

menuは、新宿・渋谷・六本木など、東京23区内主要エリアを中心に、順次デリバリー機能が充実していくようです。

この機会に、紹介コードを使って、お得にmenu配達クルーへ登録しましょう。