副業・複業

【老後対策】年金の貰える金額は確実に減っている。対策は今から行うべき!

現在40歳の年収800万の人でも、年金は月額20万に満たない。。

そんな記事がありました。老後を年金に期待しているあなた。今から準備しとかないと、後で痛い目にあいます。

>>40歳のあの人は年金を一体いくらもらえるか[東洋経済]

現在65歳の方でも、月額20万を下回る年金の現実

0813 6

「年金これだけしかもらえないの?今まで欠かさず納めてきたのに?」

 老齢年金の受給手続に年金事務所を訪れたAさん(65)は思わず声を上げた。Aさんは同い年の妻(65)と東京都内で2人暮らし。65歳の誕生日を間近に控え、大学卒業以来40年以上勤めた会社を定年退職した。定年後は夫婦で旅行へ行ったり、孫と遊んだりして過ごすのを楽しみにしていたという。

 Aさんに提示された年金見込み額は月額約18万円。65歳以降は年金から介護保険や税金が天引きされるので、実際の振込額は月額15万~16万円程度になるのではないかとのこと。結婚以来専業主婦であった妻の年金と合わせて「月30万円くらいあれば十分暮らせるね」と夫婦で話していたのが目論見を大きく下回った。

これはあくまで一例で、納めてきた年金が、国民年金か厚生年金かで違うし、勤めていた企業によっては企業年金もあるので一概にこうとも言えないが、こういう現実もあることを知っておくべきです。

年金が少ないと早く知っておけばと、後悔してからでは遅い

0813 8

 自分の年金額を知って必ずといっていいほど出てくる言葉は「もう少し早く知っていれば老後の資金準備ができたのに」である。退職直前になって年金だけでは満足に暮らせないことに気がついても、そこから老後の資金を準備することは不可能に近い。

大概、後悔する人は「自分にはまだ関係ない話」「自分は大丈夫だよ」と楽観していて調べもせず、今を謳歌してる人。

今は若くても、人は必ず歳をとります。自分が今は若いと思うのはいいことですが、頭の片隅にいつかは老後を迎えるとこを知っておいてください。

今40歳の人は、いくら年金もらえるのか?

0813 9

 実際に40歳の人はどれぐらいの年金をもらえるのか。試算してみよう。じつは年金額の試算は簡単だ。おおざっぱに言って、20歳から60歳までの間で年金保険料を納めた月数に約1600円を掛けた金額が基礎年金額、サラリーマンが就職から退職までの年収の合計に約0.5%を掛けた金額が厚生年金額である。

 Bさん(40)は大手メーカーに勤めるエンジニアだ。都内にある国立大学の大学院を修了し、現在は商品開発において一線で活躍しながら後進の指導にもあたっている。
 現在のBさんの現在の年収は額面で約800万円。毎年誕生月に届いている「ねんきん定期便」に記載のある、これまでの実績に応じた老齢年金額を聞いてみたところ、老齢基礎年金は年間約38万円、老齢厚生年金は年間約50万円だった。

 65歳まで現在の年収が続いたと仮定すると、試算の結果、65歳からの年金見込み額は現在の水準で年額210万~220万円となった。月額にすると約17万~18万円。大手企業で役職に就く人物であっても年金額は月20万円に及ばないのだ。

これはあくまで現在の試算であり、将来は下がる可能性が高いです。

都内などの都市部と地方では差があるだろうが、夫婦で暮らしていくのに、月額18万では足りるのだろうか?

足りてもめちゃくちゃぎりぎりだと思います。

老後に旅行などと計画していた人は、無理だということに気づくべきです。

早くから準備しておいた人が、老後を楽しく暮らせる

0813 10

 現在個人事業主であるDさん(66)は、高校を卒業して定年退職まで大手自動車メーカーに勤めていた。現在は老齢年金年額約180万円を受給しながら、売れっ子セミナー講師兼コンサルタントとして全国を飛び回っている。じつはDさんは40代後半にコンサルタント系の国家資格を取得し、以降20年以上にわたり、休日を利用して地道に活動していた。早い段階から週末起業をし、年金だけに頼らない収入源を準備してきたので、老後の充実した生活へすんなりとつなげることができた。

サラリーマンの収入だけで、暮らしている人は老後が不安だということはわかりました。だったら「どうしたらいいのか?」

このDさんのように、今から他の収入源を考えて実行していく必要があります。

今ならまだ間に合います。何もせず休日寝ている人より、実際に時間がある時に行動を起こした人が、未来の老後を勝ち取ります。

ぼくはこのブログなどで、複数の収入を得る努力をしていたり、常に将来の為の投資を考えています。

あなたも何かをはじめてみるべきです。今からでも遅くありません!!

副業(複業)関連の記事

>> 【副業・複業】収入源は1つでも多く!「セブンポケット」という考え方!

>> サラリーマンでもできる「4つの副収入」

>> こっそり副業しているサラリーマンは多い!副業OKの会社も増加中!

>> 給料が安いと悩んでいる人が、やるべき4つのこと!!

投資関連の記事

>> 時代は大変化中!資産運用はロボアドバイザー!

>> 不動産投資するなら、ソーシャルレンディングでOK

>> 「確定拠出年金」は節税効果抜群。メリット・デメリットや始め方をまとめます。