副業・複業

サラリーマン副業は「何をするのか?」| 選び方が大事

こんな記事がありました。

休日がなくなる!? 令和サラリーマンのシビアな「副業」事情

〜〜〜〜

実際に副業を始めると気が休まらない⁉

いざ副業を始めると、サラリーマンの収入や生活にどのような変化が生まれるのか。前述した副業の種類の中で、(1)ネットと(3)直接労働を組み合わせ、6年前から実際に副業を始めたという都内在住、専門商社勤務の山内さん(44歳仮名)にお話を伺った。

「専門商社といっても、衣料品を扱う従業員が20人も満たない零細企業です。随分前から残業代などはカットされ、定時帰宅が基本になりました。時間はできましたが、正直基本給だけで妻(現在正社員)と、娘(5歳)を養うのはやや厳しい状態になり、副業を思い立ちました。これまでいろいろトライしましたが、今の副業のメインはネットオークションなどで安価で落札したシルバー製品や革製品などのアクセサリー、雑貨を、土日にフリマ(フリーマーケット)で売ったり、その逆で、フリマで安く仕入れた物をネットオークションに出品したりしてちょろちょろと稼ぐ転売です。

値札は付けずに、お客さんとはその場の雰囲気とノリで値段交渉します。お金を持ってそうな人であればちょっと高めにふっかけたり(笑)。この駆け引きが僕的にハマって続けてます。フリマ1回のざっくりとした収支ですが、良い時で2万~3万円の売り上げ。フリマの場所代がだいたい3000~5000円位ですから、オークションの買取代と差し引きして純利益1万5千円前後というところでしょうか。月4日も稼働すれば5万~6万円稼げるのでバカになりませんよね。このお盆に嫁さんの田舎である北海道へ帰省するための飛行機代もすべて副業貯金からです。

もともと対面商売は嫌いじゃないし、将来は独立も考えているので、全く苦ではないです。ただある程度の数を仕入れる必要があり、オークションの入札などは、就業時間中に逐一チェックしなくてはいけないのと、土日のどちらかで出店しているので、子どもと遊んであげる時間が少なくなるのがたまに傷です。気が休まらない? 正直そうですね(苦笑)」(山内さん)。

仕入れの知識などは何度かの失敗を重ねながら、自分のスタイルを確立したという山内さんは、本業と副業の両立が比較的うまくいっているケースだ。就業後に、コンビニエンスストアや運転代行のアルバイト、深夜まで至るネットのせどり等、寝不足の状態で本業に悪影響を及ぼすケースも多く、やはり両立は簡単ではない。

〜〜〜〜

引用:幻冬舎 OLD ONLINE

サラリーマン副業は「何をするのか?」選び方が大事

0207 6

これを読んで思うのは、副業サラリーマンが厳しいというよりも「副業選びを間違えた、サラリーマンは厳しい」という表現の方が正しい気がします。

時間を切り売りする副業では、専門スキルは高まらず、市場価値を高めてキャリアの選択肢を広げられないから、厳しいだけです。

副業の選び方は大切です。

選び方については、下記記事に書いてますので、参考になればと思います。