Uber Eats(配達パートナー)

【Uber Eats 配達パートナー向】Uber Eats 神楽坂エリアの特徴 | 富裕層が多い牛込神楽坂は穴場かも?!

Uber Eats(ウーバーイーツ) 神楽坂エリアの特徴

早稲田や市ヶ谷、新宿から流れてきて訪れることの多い神楽坂~飯田橋

街並みは美しいですが、急な坂道はUber Eats配達パートナー泣かせかな地域でもあります。

✔ 飯田橋駅近くの神楽坂下から300メートルくらい続く坂道の神楽坂エリア
✔ 坂の上の方に位置する閑静な住宅街の牛込神楽坂エリア

同じ『神楽坂』ですが、坂の下と上ではだいぶ印象が違います。

神楽坂

神楽坂下から神楽坂上を結ぶ神楽坂通りには、飲食店が沢山あります。ただリクエストの鳴りはイマイチな印象です。

徘徊していても、飯田橋や市ヶ谷方面からのコールですぐに離脱することが多いです。

ただ街並みは綺麗で、女性に大人気のエリアなので走っていて楽しいエリアではあります。

牛込神楽坂

近隣に飲食の店舗があまりないことや坂道が多いことから、外食に出かけるのがめんどくさい富裕層の方からの注文が多い印象を受けるエリアです。

筆者の場合は、早稲田エリアを中心に配達して、ちょっと息抜きに街の喧騒から離れて神楽坂~牛込神楽坂を流しながら早稲田・市ヶ谷・神楽坂・江戸川橋をユルく徘徊する事が多いです。

昼時の早稲田や市ヶ谷などは、歩道に人が溢れかえっているので、人の多さに消耗することも・・・。

そんなピークタイムを避けたいUber Eatsの配達パートナーには、牛込神楽坂はオススメです。

牛込神楽坂の配達は、『早稲田〜牛込神楽坂〜飯田橋〜江戸川橋』エリアをコンパクトに立ち回る事ができれば、かなり稼ぎやすいかと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ) 神楽坂エリアのメリット・デメリット

神楽坂エリアのメリット

✔ 牛込神楽坂エリアは富裕層が多く安定して注文がある
✔ 牛込神楽坂は歩道に人が多い事が少なくストレスなく走る事ができる
✔ 早稲田・市ヶ谷・神楽坂・飯田橋・江戸川橋の5面待ちができる

神楽坂エリアのデメリット

✔ 神楽坂は坂道が急なのであまりオススメできない
✔ 飲食店の数が他のエリアよりは少ないので飯田橋や早稲田方面からの依頼で飛ばされることも多い
✔ 高級マンションの入り方でたまに苦戦することも

さいごに:Uber Eats 神楽坂エリアでの配達まとめ

✔ 牛込神楽坂エリアは穴場だが、神楽坂下〜神楽坂上までの坂道が難点

✔ 近隣に飲食の店舗があまりないことや坂道が多いことから、外食に出かけるのがめんどくさい富裕層の方からの注文が多い。

神楽坂のUber Eats(ウーバーイーツ)配達は、近隣に市ヶ谷や早稲田などの稼ぎやすいエリアが隣接しています。

よって、あえて拠点にする必要はないかなと思います。

ただし、牛込神楽坂は配達パートナーも少ない印象です。もしこのエリアに、飛ばされたらオンライン徘徊してみるのもアリかもしれません。

筆者は早稲田〜牛込神楽坂〜江戸川橋〜飯田橋が自宅と近いので結構すきなエリアです。

【お得情報】

都内でUber Eats(ウーバーイーツ)を行いたい人は、競合のmenu(メニュー)もおすすめです。

menuは、Uber Eats(ウーバーイーツ)などの他の配達デリバリーとの兼業を認めています。

そして、現在menuデリバリーでは25,000円獲得可能な「お友達招待キャンペーン」を期間限定で行っています。

いまなら、30回の配達で25,000円の招待ボーナスが貰ます。そしてその招待コードはこちら↓

UCP857 (英数字の大文字で「ユー・シー・ピー・8・5・7)

menu配達パートナーの紹介コード「UCP857」をコピーする

※注意:登録完了から50日以内に、30回の配達を完了することが条件となります。

登録の流れはかんたん 2 STEP

① デリバリー配達パートナーの基本情報の登録
② デリバリーアプリのインストールとアカウント登録

menuは、新宿・渋谷・六本木など、東京23区内主要エリアを中心に、順次デリバリー機能が充実していくようです。

この機会に、紹介コードを使って、お得にmenu配達クルーへ登録しましょう。