Uber Eats

【UberEats 配達員向】ウーバーイーツのインセンティブ・ブーストボーナスとは?!

UberEats(ウーバーイーツ)のインセンティブボーナスとは?

UberEatsには、3日間のうちに指定の回数を配達することによってもらえるインセンティブボーナスと言うものがあります。

SNS界隈では『通しインセ』などと呼ばれています。

インセンティブミッションは通常、

✔ 月曜日から水曜日の3日間
✔ 金曜日から日曜日の3日間

発生します。

UberEats(ウーバーイーツ)のインセンティブの例

0327 11

こちらは2020年3月の水曜日から土曜日の4日間に発生したインセンティブミッションです。

35回の乗車で3500円。55回の乗車で5000円が売り上げに加算されます。

4日で35回の乗車は、1日に9~10回の配達で可能なので、大体難なくクリアすることができます。

しかし、レベル2の55回のミッションは、1日に平均14配達しなくては達成できないので、昼だけの稼働ではちょっと難しい感じです。もし、夜も稼働ができる人でれば十分可能かと思います。

そして、インセンティブに関して勘違いしがちなのが、1つのミッションをクリアすると「3,500円+5,000円」で8,500円もらえると考えてしまいますが、貰える金額は5000円です。

レベル2のミッションクリアで、3500円→5000円にランクアップして加算されるという考え方のようです。

インセンティブは配達パートナーごとに違う金額が設定されていて、前の週のインセンティブクリアの状況に応じて、金額や難易度がアップしたりダウンしたりします。

本業の方々になると、インセンティブボーナス10,000円越えの方もいるようです。

UberEats(ウーバーイーツ)のブーストボーナスとは?

0327 14

UberEatsには、インセンティブボーナスのほかに指定時間に指定範囲の配送のギャラが「× 1.x倍」になるブーストボーナスと言うものがあります。

ブーストボーナスは、筆者の稼働しているエリアですと、通常週に3~4回、午前11時から午後の2時まで3時間に配送料金が1.1倍になることが多いです。

通常500円の配送であれば550円になるということです。

ブーストの発生予定はアプリで、3~4日先まで確認できるので、その時間だけを狙って効率よく稼ぐといった方法も可能です。

筆者の場合ですが、ブースト時はなるべくショートドロップ(店舗から近い距離へのお届け)よりもロングドロップ(店舗から遠い距離へのお届け)を狙っています。

逆に、インセンティブ回数を稼ぎたい時は、短距離配達を重ねる方が有利なので、マクドナルドや吉野家などのチェーン店のピックアップを狙い、付近で待機することが多いです。

なぜマクドナルドなどが、短距離なのかと言うと、空いてる場所に店舗があるので、お客様も近くのお店から注文することが多いので、おのずと短距離の配達になることが多いからです。

さいごに:インセンティブとブーストボーナス

ウーバーイーツの配達員として、効率よく稼ぎたい方は、インセンティブとブーストボーナスの仕組みを理解し、取りこぼさないように上手く活用しましょう。

また東京などでは、効率よくリクエストを受けられる場所も知っておきましょう。

>>【UberEats 配達員向】都内23区おすすめ配達エリア