Uber Eats

Uber Eats (ウーバーイーツ)が配達料月額980円のサブスク型「Eats パス」を開始 | メリット・デメリットについて

Uber Eats (ウーバーイーツ)は、月額制サービスの「Eatsパス」をスタートさせました。

その内容は、何回注文しても配送料が月額980円の定額になるというもの。

1回の注文で300〜400円ほど配送料がかかるので、3回注文したら元が取れてしまいます。これは非常にお得です!!

ただ、定額と聞くと配達パートナーの方は「配送料が減ってしまうのでは?」と心配になる方もいるかと思います。ご安心ください、配送料は今まで通りと変わらずに算出されるので、安心して配達が可能です。

本記事ではUber Eatsの定額サービスの詳細について紹介します。

さらに当サイト限定の1,000円オフクーポンも紹介しています。うまく使えばお得に料理を楽しめるので、ぜひ利用してみてください

Uber Eats(ウーバーイーツ)の初回注文が 1,000円 オフになる限定クーポンコードは「interjpq2206jghj」です。

初回限定クーポン「interjpq2206jghj」をコピーする

Uber Eats (ウーバーイーツ)のサブスク型月額サービス「Eats パス」

Uber eatspass1

Uber Eatsのサブスク型定額サービス「Eats パス」の内容を紹介します。

【定額サービスの詳細】

配送料が月額980円で利用可能
料理代が1,200円以上で適用

「Eats パス」は、Uber Eatsの利用時に都度払いしている配送料が、月額で980円定額になるキャンペーンです。

配送料とは、Uber Eats利用時にドライバーに支払う料金で、お店から配達先の距離によって250〜500円ほどの間で変動します。

「Eats パス」の適用条件として、料理代が1,200円以上になる場合に限ります。Uber Eatsで注文する際には、以下の料金がかかっています。

✔ 料理代
✔ 配送料
✔ サービス料
✔ 少額注文手数料

サービス料は料理代の10%の料金がかかります。少額注文手数料は700円未満の注文の場合に150円追加でかかります。

料理代だけで1,200円以上越える必要があるので注意して利用しましょう。

Eats パスのユーザー側のメリット

1204 merit

「Eats パス」を利用する上でのユーザー側のメリットは以下の3つです。

月に4回以上の注文でお得
遠いお店も気軽に利用可能
高い商品を頼みやすくなる

メリット1. 月に4回以上の注文でお得

月に4回以上Uber Eatsを使って注文するのであれば、月額サービスが非常にお得です。

繰り返しになりますが、Uber Eatsの配達料はお店から届け先の距離によって250〜500円ほどで変動します。

4回注文すると配達料が1,000円を越えるので、元を取ることができます。

メリット2. 遠いお店も気軽に利用可能

配送料を気にしないということは、これから遠いお店も気軽に利用できるようになります。

配送料が高めになってしまうと注文を躊躇ってしまう人も多かったと思います。月額サービスを利用すれば、配送料を気にすることなく好きな料理を注文することができます。

これを機に今まで使ってこなかったお店を使ってみましょう!

メリット3. 値段の高い商品も頼みやすくなる


月額サービスに加入すると、値段の高い商品も頼みやすくなります。

配送料分安くなるので高い商品を選んだり、追加でもう1品頼んだりすることができちゃいます。

値段をみて躊躇っていた商品も選べるようになるので、Uber Eatsの利用がより便利になります。

Eats パスのユーザー側のデメリット

1204 merit2

Uber Eatsの月額サービス「Eats パス」を利用する上でのユーザー側のメリットは以下の2つです。

✔ 注文回数が少ないと損
✔ 少額で注文しにくくなってしまう

デメリット1. 注文回数が少ないと損

注文しなくても980円の月額料金が発生するので注意が必要です。全然利用しないと損をしてしまいます。

Uber Eatsをあまり使わなくなりそうであれば、早めに解約するようにしましょう。

違約金や解約手数料はないので、いつでも気軽に解約することができます!

デメリット2. 少額で注文しにくくなってしまう

月額サービスは1,200円以上の注文から適用されるので、少額での注文を躊躇ってしまう可能性があります。

小腹が空いた時に1品だけ注文すると、少額注文手数料や配達量がかかってしまうので損をしてしまいます。

友人と一緒に頼むか、2食分頼むなど工夫して利用したいところです。

Eats パスの配達パートナーのメリット

Uber Eatsに月額サービス「Eats パス」が始まったことで、配達パートナーが受けられるメリットは以下の2つです。

注文数が増えて稼げる
月額サービスを利用しても配達料は下がらない

メリット1. 注文数が増えて稼げる

月額サービスを利用するユーザーが増えてくると、注文数が多くなりUber Eatsで稼ぎやすくなります。

Uber Eatsは料理を運んだだけ収益が上がるので、がっつり稼げるチャンスです。

Uber Eatsの配達パートナーに興味がある人は、これを機に始めてみてください。

メリット2. 月額サービスを利用しても配達料が下がらない

「配送料が定額になったら報酬も減るんじゃないのか?」と思うかもしれませんが大丈夫です。

運営元のウーバーイーツジャパンが、配送量は今までの料金と変わらないと明言しています。

配達パートナー側が報酬面で損しないようになっているのは、安心です。

Eats パスの配達パートナーのデメリット2選

Uber Eatsの月額サービス「Eats パス」で配達パートナーが受けてしまうデメリットは以下の2つです。

✔ ロングドロップや料理の量が増えてしまう
✔ 配達パートナーが増えてしまうかも

デメリット1. ロングドロップや料理の数が増えてしまう

ロングドロップや料理の数が増えてしまう可能性があります。

ロングドロップとは、1回の配達距離が長くなってしまうこと。自転車で30分ほどかかってしまうエリアの配達も多くなってしまいそうです。

長距離の移動が続くと、効率が悪い上に肉体的にもきつくなってしまうことも。ロングドロップが多いのであれば、バイクでの配達も検討してみましょう。

また、1,200円以上注文するために料理数を増やす可能性が高く、Uber Eatsのバックが重くなってしまうことが考えられます。

金額が少し足りない場合、スープなどの汁物を追加することが多くなりそうです。長距離を運んでもこぼれたりしないよう、注意して配達を行う必要があります。

デメリット2. 配達パートナーが増えてしまうかも

注文数が増加すると、Uber Eatsの配達パートナーが増えてしまう可能性もあります。

配達パートナーが増加してしまうと、自分に回ってくる依頼の数が減ってしまうので、稼ぎが少なくなってしまうことも考えられます。

効率よく稼働するために工夫する必要があります。

menuの月額サービスを比較

Uber Eats
menu
料金
980円
980円
店舗
多い
拡大中
特徴
✔ 配送料無料
✔ 1,200円以上の注文が必要
✔ 毎回300円引
✔ 1,500円で5%引き
✔ 毎月クーポン

Uber Eatsの月額サービス「Eatsパス」と、フードデリバリー・テイクアウトアプリであるmenuの月額サービス「menupass」を表で比較してみました。

料金は、どちらも同じ月額980円です。

現在Uber Eatsは、menuよりも店舗数が非常に多いので、たくさんのお店の中から好きなメニューを選んでデリバリーを楽しむことができます。

Uber Eatsは月額料金を払うことで配送料が無料になるのに対し、menuは毎回300円引き。

どんなに遠いお店でも配送料がかからないUber Eatsの方がお得に感じます。

ただ、Uber Eatsは1,200円以上注文しないと割引が適用されません。1品だけ頼むと損してしまう場合があります。

もし、牛丼1品だけ頼むなどの少額注文が多い場合は、何食分か一緒に頼むなどして工夫する必要があります。

結論としては、「Eatsパス」は選べるお店も多く、工夫すれば毎回配送料が無料になってお得です。もし配送料が安くなるという理由でmenuの月額サービス「menupass」を使っていたのであれば、これを機に「Eatsパス」に切り替えてみることをおすすめします。

まとめ:たくさんUber Eats を使うなら月額サービス「Eats パス」は非常にお得

本記事ではUber Eatsの月額サービス「Eats パス」について解説しました。

月額サービスは、980円払えば配送料が無料になるので非常にお得です。

Uber Eatsをよく使うのであれば加入することを強くおすすめします。

ただ、1,200円以上注文する必要があるので、1人で使う場合は工夫が必要です。友人や同僚と一緒に注文したり、2食分注文したりしてお得に利用しましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の初回注文が 1,000円 オフになる限定クーポンコードは「interjpq2206jghj」です。

初回限定クーポン「interjpq2206jghj」をコピーする

また配達パートナーについては、下記記事が参考になります。