副業・複業

副業にできる?本当に稼げるか?自転車やバイクで働けるデリバリー(配達)サービス9選

終身雇用の時代が終わり、いまは老後のためにも副業を探す方がおおいです。

そんな副業の1つに配達デリバリーサービスの配達パートナーを選択する人が増えてきています。

「配達バックを背負った、デリバリースタッフの姿を街で一度や二度見かけたことがある」なんて人も多いと思います。

本記事では、

✔ スキマ時間に働けるの?

✔ 自転車やバイクで働けるデリバリーのアプリってどんなものがある?

✔ どのアプリを利用すればいいの?

✔ デリバリーアプリの配達パートナーって どうやれば効率よく稼げるの?

と気になっているあなたへ向けて、デリバリーアプリを厳選して紹介します。

【お得情報】

現在、menuデリバリーでは25,000円獲得可能な「お友達招待キャンペーン」を期間限定で行っています。

いまなら、30回の配達で25,000円の招待ボーナスが貰える招待コードはこちら↓

UCP857 (英数字の大文字で「ユー・シー・ピー・8・5・7)

menu配達パートナーの紹介コード「UCP857」をコピーする

※注意:登録完了から50日以内に、30回の配達を完了することが条件となります。

登録の流れはかんたん 2 STEP

① デリバリー配達パートナーの基本情報の登録
② デリバリーアプリのインストールとアカウント登録

menuは、新宿・渋谷・六本木など、東京23区内主要エリアを中心に、順次デリバリー機能が充実していくようです。

この機会に、紹介コードを使って、お得にmenu配達クルーへ登録しましょう。

デリバリーサービスの対応エリアを確認しよう

Uber e 110

デリバリーサービスの配達パートナーをするには、まずそれぞれの対応エリアを確認する必要があります。

対応エリア内ではないと、そもそも働くことはできません。

自分が 働きたいエリアに対応しているサービスを選んで、配達パートナーとして働きましょう。

以下に対応エリアをまとめました。

配達デリバリー
サービス
対応エリア
Uber Eats
(ウーバーイーツ)
東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都
兵庫、愛知、福岡、広島、岡山
愛媛、香川、宮城、石川、富山
栃木、静岡、北海道、長野、新潟
出前館
(dデリバリー)
全国
menu
(メニュー)
東京、神奈川
Chompy
(チョンピー)
渋谷区周辺
Wolt
(ウォルト)
広島市、札幌市
DiDiFood
(ディディフード)
大阪
DiaQ
(ダイヤク)
東京23区、横浜、大阪市、配達は全国
ecohaiFlex
(エコ配フレックス)
東京都中央区・渋谷区、大阪市中央区
FineDine
(ファインダイン
東京、神奈川

それぞれのサービスは、いまも対応エリア拡大中です。

希望するサービスで対応していない場合は、エリアが対応するまで待つか、対応しているサービスで働くことを検討するしかありません。

そんななか、出前館(NTTドコモと共同のdデリバリーも同様)であればほとんどの地域で対応しています。

デリバリーサービスの配達パートナーで稼ぐ3つのコツ

Uber e 109

デリバリーサービスの配達パートナーは時給制のバイトとは違い、やり方次第で大きく収入を伸ばすことが可能です。

どうせ働くなら、効率よく稼ぎたいと思います。

ここからは、デリバリーサービスの配達パートナーで 稼ぐための3つのコツを見ていきます。

1. 複数のサービスをかけもちする。
2. 配達対応エリアを見極める。
3. キャンペーンを上手く活用する

1. 複数のサービスをかけもちする

Uber e 107

デリバリーサービスは複数かけもちしましょう。

ひとつだけのサービスの配達パートナーをやるよりも、複数のサービスで配達パートナーをやる方が、より稼ぐことができます。

後ほど詳しく紹介しますが、それぞれのサービスごと報酬体系が異なっており、時間帯や環境に応じて使い分けると効率的です。

使えるサービスはエリアによって異なりますが、 2〜3つぐらいは登録しておくようにしましょう。

2. 配達対応エリアを見極める

注文が多く入りそうな地域で働くと、より多く稼ぐことができます。

人口があまりない地域でやるよりも、人口が密集した都市部で働くほうがより稼げます。。

住んでいる場所が田舎で、どうしても都市部に行きにくい場合は、仕方がないですが、できる限り 都市部に行くようにしてください。

3. キャンペーンを上手く活用する

それぞれのサービスで、キャンペーンをうまく活用しましょう。

現在、キャンペーンを実施しているサービスの情報を以下にまとめました。

menu(メニュー)

それぞれ詳しく見ていきます。

menu(メニュー)

Menu 105

menuでは、新規配達パートナー向けに以下の3つのキャンペーンを行っています。

キャンペーン名
内容
ボーナス報酬キャンペーン
配達1回あたり実質750円
新経験値システム
報酬&ブースト最大2倍UP
お友達紹介キャンペーン
知人を配達クルーに招待すると両者に25,000円の報酬

事前に予告なく終了する場合もありますので、詳しくは下記情報から確認するようにしてください。

【お得情報】

現在、menuデリバリーでは25,000円獲得可能な「お友達招待キャンペーン」を期間限定で行っています。

いまなら、30回の配達で25,000円の招待ボーナスが貰える招待コードはこちら↓

UCP857 (英数字の大文字で「ユー・シー・ピー・8・5・7)

menu配達パートナーの紹介コード「UCP857」をコピーする

※注意:登録完了から50日以内に、30回の配達を完了することが条件となります。

登録の流れはかんたん 2 STEP

① デリバリー配達パートナーの基本情報の登録
② デリバリーアプリのインストールとアカウント登録

menuは、新宿・渋谷・六本木など、東京23区内主要エリアを中心に、順次デリバリー機能が充実していくようです。

この機会に、紹介コードを使って、お得にmenu配達クルーへ登録しましょう。

デリバリーサービスの仕事を徹底解説

ここからはそれぞれのデリバリーサービスの配達パートナーの仕事について詳しく見ていきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)

Uber 220

Uber Eatsの配達パートナーの基本情報は以下の通りです。

働き方:個人事業主
受取料金:最大265円
受渡料金:最大125円
待機料金:なし
受取距離料金:なし
受渡距離料金:60円/km
手数料:10%
労働時間:自由
配達方法:バイク・自転車
支払い方式:週払い

Uber Eats配達パートナーのメリット

Uber Eatsの配達パートナーをするメリットは、主に以下の4つです。

1. インセンティブで報酬をアップできる
2. 利用者が多いため注文が入りやすい
3. チップ機能がある
4. 受取料金が高い

Uber Eatsには以下の2種類のインセンティブがあります。

インセティブ名
概要
ブースト
指定された時間帯や場所で配達すると基本料金がアップ
クエスト
指定された件数を配達すると追加報酬

インセンティブをうまく活用すれば、 時給を上げて稼ぐこともできます。

またUber Eatsは、デリバリーアプリの中でも知名度があり、加盟店舗数が10,000店舗以上と多いです。

その分注文が入りやすく、より稼ぐことができるでしょう。

ただ、地方ではまだまだ利用者が少ないので、都市部で配達パートナーをやることをおすすめします。

関東エリア内ではありますが、商品を受け取ったときの 受取料金が265円と高いのも魅力の一つです。

チップ機能というものもあり、運が良ければ 報酬以外にチップを受け取ることもできるかもしれません。

Uber Eats配達パートナーのデメリット

Uber Eatsの配達パートナーのデメリットは、主に以下の3つです。

1. 待機収入が発生しない
2. 受取距離料金が発生しない
3. 手数料がかかる

「お店についてから商品が出てくるまでの時間」や「配達先に到着してから受け渡しが完了するまでの時間」に発生する 待機料金というものがUber Eatsにはありません。

✔ お店に着いたけど料理が出てこない
✔ タワーマンションで入るのに時間がかかる
✔ 受取人が不在でしばらく待たないといけない

などの場合もUber Eatsでは報酬が出ないので、効率が悪くなることもあるでしょう。

また商品をお店まで取りに行く「受取距離料金」が発生しません。

遠くのお店の商品の注文を受けるときには注意してください。

さらに 報酬に対して10%の手数料がかかるのもUber Eatsの配達パートナーのデメリットです。

出前館

出前館の配達パートナーの基本情報は以下の通りです。

働き方:アルバイト
報酬;時給1,000円〜時給1,400円
労働時間;シフト制
配達方法;会社が用意
支払い方式;店舗による

出前館の配達パートナーは基本的に、シフト制のアルバイトとして働くことになります。

出前館の配達パートナーのメリット

出前館の配達パートナーのメリットは、主に以下の3つです。

1. 全国どこでも働くことができる
2. 時給制で安定した給料がもらえる
3. 初期費用などが必要ない

出前館で配達パートナーをする場合、店舗があるところであればどこでも働けます。

全国20,000店舗以上あり、働けない地域を探すのが難しいくらいです。

ただ求人を募集していないところもあるので、公式ページで確認するようにしてください。

出前館の配達パートナーは 時給制で、安定して給料がもらえます。

また配達する バイクも会社のものを利用できるので、自分で用意する必要がありません。

初期費用などなくはじめられるのも出前館の配達パートナーのメリットとも言えます。

出前館の配達パートナーのデメリット

出前館の配達パートナーのデメリットは、主に以下の2つです。

1. 成果報酬はない
2. シフト制で自由に働くことができない

出前館の配達パートナーは 成果報酬などはなく、どれだけ配達をしても決められた時給の金額しかもらうことはできません。

また、シフト制で決められた時間、決められた場所で働くことになります。

もっと自由に仕事がしたいという人は、違うデリバリーアプリの配達パートナーを検討してみてもいいでしょう。

menu(メニュー)

Menu 105

menuの配達パートナーの基本情報は以下の通りです。

働き方:個人事業主
受取料金:230円/注文
受渡料金:230円/注文
待機料金:なし
受取距離料金:75円/km
受渡距離料金:75円/km
手数料:なし(期間限定)
労働時間:自由
配達方法:自転車、二輪
支払い方式:月1回払い(翌日払い準備中)

menuの配達パートナーのメリット

menuの配達パートナーのメリットは、主に以下の4つです。

1. 経験値によってインセンティブが発生する
2. 受取距離料金が発生する
3. 手数料がかからない
4. 翌日払いに対応しようとしている

menuでは、配達を行うごとに経験値(EXP)を獲得することでき、インセンティブを得ることができるようになります。

インセンティブは主に以下の2種類です。

インセンティブ名
概要
RANK(ランク)
一定の経験値を得ると基本料金が上がっていく
LEVEL(レベル)
一定の経験値を得ると追加報酬

どちらのインセンティブも配達回数を重ねるたびに、報酬額も大きくなっていきます。

またmenuでは 受取距離料金が発生しますし、 手数料もかからない点もメリットといえるでしょう。

報酬の支払いは基本的には月末締めの翌15日払いですが、 月4回までなら手数料無料で翌日に引き出すこともできます。

menuの配達パートナーのデメリット

menuの配達パートナーのデメリットは以下の2つです。

1. 待機料金が発生しない
2. 加盟店舗が少ない

menuでは、待機料金が発生しません。

待っている時間がもったいないと思われる人もいるかもしれませんね。

また加盟店舗が、東京23区内の場合、約2,300店舗とまだ数が少ないです。

対応エリアは順次拡大していく予定ですが、対応していない場合は待つしかありません。

Wolt(ウォルト)

Wolt 0701 1

Woltの配達パートナーの基本情報は以下の通りです。

働き方:個人事業主
基本料金:400円 (2kmを超えたら、10円/100m)
最低時給:950円
手数料:なし
労働時間:自由
配達方法:自分のバイク・自転車
支払い方式:月2回払い

Woltの配達パートナーのメリット

Woltの配達パートナーのメリットは、主に以下の3つです。

1. 基本料金が400円ある
2. 最低時給保証が950円ある
3. ウィークリーボーナスがある

Woltの配達パートナーの報酬は、受取料金や受渡料金などと分かれておらず、1配達につき400円というシステムです。

2kmを超えるような遠いところへの配達の場合には、100mにつき10円ずつ追加報酬も発生します。

また 最低時給保証が950円あるので、注文が入らずまったく稼げないこともありません。

最低時給保証があるのは配達パートナーにとって大きなメリットです。

下手に違うアルバイトをするよりも、Woltの最低時給の方が高いことも多いかもしれないですね。

さらに1週間のうちに指定された回数以上の配達を行うと ウィークリーボーナスも得ることができます。

配達すればするだけ 追加報酬が得れますので、モチベーション高く働けます。

Woltの配達パートナーのデメリット

Woltの配達パートナーのデメリットは、主に以下の2つです。

1. 配達依頼の拒否機能がない
2. 加盟店舗が少ない

Woltには 配達依頼の拒否機能がありません。

配達依頼を受けた場合には、基本的には配達を行う必要があります。

やむを得ず拒否をする場合には、サポートセンターにまで連絡しなければなりません。

また現在は、広島市、札幌市を中心に展開されており、まだまだ加盟店が少ない状態です。

広島、札幌以外に住んでいる人は、エリアが拡大するまで待ちましょう。

さいごに:副業(複業)に最適なデリバリーサービスの配達パートナーについて

結局のところ「デリバリーの仕事は本当に稼げるのか?」ですが、しっかりやればガッツリ稼げます!

例えば、menuだけで週10万円(月40万円)稼いでいる人もいるくらいです。

ただ、基本的にデリバリーは体力仕事ではあるので、体を使って長時間働くのが得意でない人にとってはキツイと思います。

時給労働ではないため、やみくもに長時間働けばいいということでもなく、各社の特色に合わせて稼ぐコツを覚える必要があります。

また、ひとつのサービスだけにするのではなく、対応エリア内のアプリは複数配達パートナーの登録をしておくようにしましょう。

それぞれの良い点をうまく活用すれば、より多くの報酬を得ることができます。

当記事を参考にして、デリバリーアプリでの配達パートナーの仕事がうまくいけば嬉しいです。

【お得情報】

現在、menuデリバリーでは25,000円獲得可能な「お友達招待キャンペーン」を期間限定で行っています。

いまなら、30回の配達で25,000円の招待ボーナスが貰える招待コードはこちら↓

UCP857 (英数字の大文字で「ユー・シー・ピー・8・5・7)

menu配達パートナーの紹介コード「UCP857」をコピーする

※注意:登録完了から50日以内に、30回の配達を完了することが条件となります。

登録の流れはかんたん 2 STEP

① デリバリー配達パートナーの基本情報の登録
② デリバリーアプリのインストールとアカウント登録

menuは、新宿・渋谷・六本木など、東京23区内主要エリアを中心に、順次デリバリー機能が充実していくようです。

この機会に、紹介コードを使って、お得にmenu配達クルーへ登録しましょう。