Uber Eats

【UberEats】ウーバーイーツの配達のやり方とコツ

『UberEats(ウーバーイーツ)』の配達員として「配達の仕事」をしたい人は、まずは「ユーザー登録」をする必要があります。

「ユーザー登録」が完了していない人は、先に「登録」を済ませて下さい。

ウーバーイーツ(UberEate)の配達パートナー(配達員)「配達のやり方」と「コツ」

Uber 104

配達員になった後の、実際の配達のやり方と配達のコツのようなものを、簡単に説明していきたいと思います。

「配達パートナー(配達員)」配達の仕事の流れとやり方

パートナーセンターでの登録説明会が終わり、配達バッグを受け取ったら、すぐに配達の仕事を開始することが出来ます。

最初の配達を行うための流れと、配達の時に必要なアイテムを、以下に記載しておきます。

初めての配達を始める

① 持ち物を確認する
② サービスエリアに移動する
③ Uber Driverアプリをオンラインにする
④ 配達リクエストを受ける(または拒否する)
⑤ レストランに商品のピックアップに向かう
⑥ レストランで商品を受け取り注文者のもとへ配達する

最初の持ち物を確認する段階で、配達に必須のアイテムと配達にあると良いアイテムを分けて整理しましたので、確認しておいてください。

配達に必須の持ち物・アイテム

① 登録した車両
② Uber Driverアプリがインストールされたスマホ
③ 配達用バッグ

配達バッグの中の仕切りや固定する道具は、自分で工夫していく必要があります。

配達バッグを受け取ったそのままで使用すると、商品以外の空間が大きすぎて、配達中に「商品」が動いて、中身がぐちゃぐちゃになってしまうことが起きてしまいます。

ですので、配達バッグを受け取ったら、まず考えるべきは、「商品」以外の空間を埋める工夫です。

筆者のおすすめは「サバイバルシート」です。

サバイバルシートがあれば、これを使用して、配達用バッグの中にできる隙間を埋めることも可能ですし、サバイバルシートには、保冷・保湿効果もありますから、一石二鳥となります。

サバイバルシートは、安いものであれば、100均やAmazonでも売っている場合があるので、数枚買っておいて、配達バッグの中に常に入れておくと、いつでも商品が固定できるので、便利です。

配達にあると良い持ち物・グッズ

① ヘルメット
② 反射材用品
③ LEDライト
④ 明るい目立つ色の衣服
⑤ 懐中電灯
⑥ スマホスタンド
⑦ モバイルバッテリー
⑧ 水分補給の飲料水
⑨ タオル
⑩ レインコート
⑪ 配達用バッグの中に入れて商品を固定するためのアイテム

筆者個人としては、サバイバルシート、ヘルメット、スマホスタンド、モバイルバッテリーは、配達に必須だと思います。

あとは、実際に自分で色々試してみて、配達に便利なアイテムを見つけていきましょう。

またウーバーイーツの配達員は、個人事業主となりますので、配達で使用するアイテムの購入費は、経費として計上することが可能です。

「配達パートナー(配達員)」配達で稼ぐ方法と配達のコツ

ウーバーイーツの配達員として、効率よく稼ぐ方法と、配達のコツを、説明します。

配達員が効率よく稼ぐには、「ブースト」と「インセンティブ」を、いかに絡めて配達をしていくかにかかっているかと思います。

時間帯ブーストが掛かる時は、お昼のランチタイムや夜のディナータイムなど、ピークタイムと呼ばれる混雑時が多いです。

これらの時間帯では、注文が重なり、配達員の人手が足りなくなる時で、そのような配達員が欲しい時に、時間帯ブーストが掛かりやすいという傾向が、なんとなく分かるかと思います。

逆に言うと、配達員の稼働率が比較的少ない早朝や深夜、雨の日など、配達員が配達を嫌がりそうな時間帯やコンディションの日を狙って、逆に配達を行うことで、いつもと同じ距離を走っているのに、ブーストやインセンティブによって、いつもより多く稼げるということもあります。

また、新しくオープンしたサービスエリアなどは、まだ配達員の人員が少なく、配達員が足りていないと考えることもできます。

運営側の立場に立つと、このようなサービスエリアで、地域ブーストが掛かりやすいのではないかと、仮説を立てることも出来ます。

このように、大事なのはウーバーイーツの立場に立ってみて、自分ならどういう時にブーストやインセンティブを出したいかを試行錯誤して、仮説と検証を繰り返しながら、効率よく稼げる方程式のようなものを、編み出していくことと効率よく稼げると思います。

配達エリア(サービスエリア)を選ぶ時のポイント

配達員として稼働する場合の、配達エリア(サービスエリア)を選ぶ時のポイントを、簡単に整理しました。

① 坂道が多いエリアでの自転車での配達は回避したい
② レストラン(飲食店)が多いエリアを選ぶ
③ なるべく交通費が掛からないエリアを選ぶ

【東京都内サービスエリアで坂道が少ない所】

✔ 新宿エリア
✔ 青山エリア

坂道が多いエリアの自転車での配達は回避したい

自転車で配達しようと考えている配達員の人は、配達するサービスエリア内に「坂道」が多いかどうかは、とても重要な点になってきます。

電動アシスト付き自転車を使う場合でも、アップダウンが激しいエリアですと、坂道が少ない地域と比較しても、体力の消耗度合いが極度に違います。

例えば、東京都内の西側の地区は、坂道が多いエリアが沢山あります(六本木・渋谷・神楽坂・麻布十番・広尾・高輪・茗荷谷など)。

よって、自転車で配達を考えている人は、この辺りのサービスエリアを避けるのも、検討した方が良さそうです。

原宿、赤坂辺りも坂道があったりするので、体力に自信がない人は、東京都内であれば新宿エリアや青山エリアが、坂道が少なくて、おすすめです。

レストラン(飲食店)が多いエリアを選ぶ

配達員として効率よく稼ぎたいなら、配達リクエストを待つために「待機する場所」も重要です。

配達リクエストが入ってくるかどうかは、飲食店との距離が、なるべく近い場所で待機をすることがポイントです。

ですので、多くの配達リクエストを受けようとすると、飲食店が多く集中しているサービスエリアで待機しておけば、配達リクエストが入る確率が高まり、有利になります。

ただし、配達リクエストが多く入ってくる飲食店が集中しているようなエリアは、ライバルも多いため、競合も多くはなります。

また、飲食店が多いエリアは、人通りも多くなるので、自転車などでも走りにくい時があり、その点も注意が必要です。

【東京都内サービスエリアでレストランが多い場所】

[本命]
✔ 六本木エリア
✔ 渋谷エリア

[対抗]
✔ 新宿エリア
✔ 青山エリア
✔ 恵比寿エリア
✔ 赤坂エリア
✔ 麻布十番エリア
✔ 原宿エリア
✔ 広尾エリア
✔ 田町エリア
✔ 新橋エリア
✔ 神保町エリア

なるべく交通費が掛からないエリアを選ぶ

配達員として配達の仕事をする場合、配達を行うサービスエリアまでの交通費や移動コストも、計算に入れなければなりません。

案外、この交通費が、利益を食っていく場合があり、サービスエリアまでの、時間や交通費が掛かってしまっている配達員の人は、今一度配達エリアを検討し直した方が、良いかもしれません。

いくら配達リクエスト多く鳴るサービスエリアを選んでいても、そこに行くのに、毎日交通費が掛かっていては、最終的な手残りの利益が少なくなってしまうので、気を付けた方がいいです。

さいごに:ウーバーイーツの配達のやり方とコツ

本記事は、ウーバーイーツの配達員になった場合の、配達のやり方や配達のコツなどについて、解説してきました。

もし、この記事を読んで、ウーバーイーツの配達員に少しでも興味を持った人がいましたら、この機会に、是非、会員登録を行ってみてください。