副業・複業

【Uber Eats】鳴らない時間の有効活用をしよう |「副業の副業」をするべき3つの理由

配達パートナー
配達パートナー
「Uber Eatsをやりながら、隙間時間に副業はないかな?!」

「転職?起業?Uber Eatsで専業は無理だよな。。」

「雇われない生き方をしたいが、何をしていいか分からない。」

「Uber Eatsは楽しいけど、月に50万はどう考えても無理」

「リクエストで鳴らない時間を、お金にできないかな・・」

Uber Eatsの配達で、アイドルタイムや鳴らないときは、単に時間の無駄をしているように感じてしまいます。

Uber Eatsの配達をしている目的はそれぞれ違うと思いますが、多少なりともお金を稼ぐことは共通目的ではないでしょうか?!

鳴らない時間は「副業の副業」をすべき

0805 14

Uber Eatsの配達パートナーの方の目的もそれぞれです。

【大学生】
✔ 空きコマで少しだけ小遣い稼ぎ
✔ サークルや飲み会などあるし、シフトに縛られたくない

【社会人】
✔ 本業はしっかりしているけど副収入が欲しい
✔ 本業の仕事が嫌だ。独立や起業をしたい

【フリーランス・起業】
✔ 起業したてで、まだ金銭的に不安定。副収入が欲しい

【ダイエット目的】
✔ 本業の仕事が座り仕事で運動不足。小遣い稼ぎにもなるしちょうどいい
✔ いままでジムで運動していた時間とお金を、Uber Eatsに変更

【ストレス解消】
・本業が頭に汗をかく頭脳労働。体を動かすUber Eatsがストレス解消になる
・会社の人間関係のストレスを自転車を漕いで忘れる

目的はそれぞれですが、共通しているのは少しでも稼ぐことです。

ランチタイムやディナータイムは比較的鳴りますが、平日のアイドルタイムは鳴らないことが多々あります。

✔ 鳴るようなエリアを探して自転車で移動
✔ コンビニのイートインコーナーで休憩
✔ 公園を探して休憩

など、それぞれに過ごされていると思いますが、長く鳴らないときなどは時間も無駄になってしまいます。

この隙間時間に、時給で1,000円以上稼ぐことができたら無駄な時間もなくなります。

鳴らないときに副業をすべき3つの理由

① Uber Eatsの配達では自分のスキルが身に付かない
② 事故やケガで動けないと稼ぎにならない
③ 鳴らないときは時間を無駄にしてしまう

① Uber Eatsの配達では自分のスキルが身に付かない

Uber Eatsは素晴らしい仕事の反面、自分にスキルが残ることは少ないです。

専業になっても、あまり収入の向上が見込めません。

何よりもUber Eatsの配達をどんなに極めてもお金を稼ぐことがすべてであり、それ以上にスキルの向上があるわけではありません。

※もちろん迅速に配達できるルートの確保や、発注の多いレストランの位置を把握して待機したりすることはできる様になりますが、あくまでUber Eatsでの配達のスキルの範囲内です。

事故やケガで動けないと稼ぎにならない

事故やケガの時はUber Eatsをできません。

また雨の日は稼げますが、事故のリスクは増えます。

個人事業主ということもあり一定の事故やケガは自分の責任として対応しなくてはいけません。

鳴らないときは時間を無駄にしてしまう

平日はランチタイムやディナータイム以外はあまりならなくて時間の無駄にしていることもよくあります。

Uber Eatsの配達パートナーをやりながら、少しでも稼げる副業の副業をやってみることは無駄ではないのではと思います。

以上を踏まえて、

✔ Uber Eatsの配達の待機時間を有効活用する
✔ お金だけでなく今後の人生にプラスのスキルの獲得する
✔ 自宅でも活動できる

といったことを意識してもいいかもしれません。

↓下記記事は、サラリーマン向けに書いたものになりますが、Uber Eatsの配達パートナーにも参考になると思います。

今、これを読んでいるあなたの気付きの1つになれたら幸いです。

さいごに:鳴らないときこそ、隙間で稼げる副業を検討しよう

Uber Eatsの配達は、専業より副業の方の方が多いと思います。

ただ冒頭でお話したように、Uber Eatsだけでは不安定な部分もあります。

✔ Uber Eatsの配達では自分のスキルが身に付かない
✔ 事故やケガで動けないと稼ぎにならない
✔ 鳴らないときは時間を無駄にしてしまう

ただ上記の記事で紹介した副業は、おそらく即金にはなりません。

Uber Eatsメリットは、即金になることです。週払いでとても魅力的です。

スグにお金にならなくても、

・無駄にしている待機時間
・鳴らなくてイライラする
・大雨でUber Eatsできない

まずは、こんな時こそ少しずつ始めてみることをオススメします。

何もしなければ、単に無駄な時間なだけなので面倒でも一回始めてみると楽しいかもしれませんよ。